セミナー・東京開催 不動産投資セミナー 不動産投資会社 投資会社(東京)

不動産投資の名医「セカオピ」で客観的アドバイスで売買契約は行わない株式会社ノークリー

不動産投資を考えているが、どのような物件を買えばいいのかわからない....

不動産会社から投資物件を紹介されたが、この物件を購入して不動産投資を始めるべきかどうかわからない....

不動産投資に興味があっても、上記のような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

不動産投資の情報提供サービス「セカオピ」株式会社ノークリー

情報格差の激しい不動産投資業界、不動産のプロである不動産鑑定士や、FP1級資格を保有した専任カウンセラーに気軽に相談できる。

専門性の高いセカンドオピニオンサービスを提供している「セカオピ」は 近年Yahooニュースや産経新聞にも掲載され、非常に注目度が高くなっています。

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」アンバサダーとしてロンドンブーツの田村淳さんが広告に登場しており注目度が高いです。

セカオピは不動産売買をしない

全く新しい“完全中立”のアドバイザリーサービスです。

セカオピは資産形成を考える皆様が、気軽にプロのファイナンシャルアドバイザーに相談できる日本初の不動産投資の「セカンドオピニオンサービス」です。不動産会社とは違い不動産売買を行っていないため、売り手目線の話は一切いたしません。

あくまでも完全中立の立場で、資産形成を考える皆様のセカンドオピニオンとして不動産投資の正しい知識と、資産形成の方法をアドバイスさせていただきます。

会社概要

会社名 株式会社ノークリー
所在地 〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目13−7
VORT虎ノ門south9F
公式サイト
セカオピイメージ
対象年齢 25から45歳
対象年収 年収500万円以上
所属情報 勤続年数3年以上
資料請求受付 ×
オンラインセミナー ×
面談セミナー

もっと詳しく

 

特徴とメリット・デメリット

セカオピってどんなことやるの?

セカオピ及び株式会社ノークリーについての概要

不動産投資は少なからずお金を投資するものなので、疑問を持ったまま始めるのは避けたいところです。

しかし、たまたま知り合いに不動産投資のプロがいる、というケースは稀でしょう。

そんな人のために、不動産のプロに無料で相談できるサービス「セカオピ」が出来たそうです。

セカオピとは、「セカンドオピニオン」の略で、「第三者の意見」という意味です。

セカオピに相談すると、経験豊富な不動産投資家や一流のファイナンシャルプランナー、不動産の専門家などのプロから無料でアドバイスを受けることができます。

客観的な第三者の意見を聞いた上で不動産投資を始めることで、不動産投資で成功する可能性を大きく高めることができるのです。

すでに不動産会社から物件を紹介されている方でも、セカオピでは自分が買いたい物件が適正価格かどうかを判断することができます。

セカオピに相談した人の中には、相場よりも500万円以上高い物件を買わされそうになった人もいるようです。

セカオピを運営する株式会社ノークリーは、不動産の売買に必要な「宅地建物取引業免許」を持っていないので、セカオピで相談したからといって、物件の売却を迫られる心配はありません。

将来を見据えて始めた不動産投資ですが、不動産投資で破産するような状態は避けたいと考えています。

初心者で、将来的に不動産投資をしたいと考えている人にとって、セカオピはメリットの大きいサービスです。

「セカオピ」を利用するメリット・デメット

今回は、実際にセカオピのメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

どんなサービスなのかがわかったところで、セカオピを利用するメリット・デメリットが気になりますよね。

ここでは、第三者の立場から見たメリット・デメリットをご紹介します。

「セカオピ」の5つのメリット

セカオピを利用することで得られる5つのメリットを順にご紹介します。

メリット1、不動産会社に有利な条件での交渉が可能

セカオピでは、年間1,200件以上の不動産契約をお手伝いしてきた実績があります。

個人が不動産会社と交渉することは容易ではありませんがセカオピなら、不動産投資会社に有利な条件で交渉することが可能です。

物件の購入価格は不動産投資の成否に直結するため、セカアピを利用するメリットは非常に大きいと言えます。

メリット2、第三者に安心して相談できる

セカオピは、相談者の疑問や問題点を明らかにし、解決へと導くことを役割と考えています。

そのため、不動産投資を必要としていない方には必要のない客観的なアドバイスを行うことができます。

また、冒頭で述べたように、経験豊富な不動産投資家や不動産鑑定士、一級FPに相談できることも重要です。

メリット3、独自の市場調査・データ分析に裏付けられた信頼性の高いアドバイスが受けられる。

セカオピでは、独自の情報網と調査チームで市場調査とデータ分析を行っています。

店員の経験や勘に頼るのではなく、正しい数字に基づいたアドバイスを受けることができます。

メリット4、物件を売るという行為が一切ない

セカオピ並びに株式会社ノークリーは宅地建物取引業の免許を取得していないため、物件を売却するという行為がありません。

というより、物理的に不可能です。

セカオピの無料相談が受けられるからといって、不動産契約を余儀なくされたら本末転倒ですが、セカオピであれば、その心配はありません。

メリット5【建設から管理・評価・運用・相続・売却まで一貫して追跡】

不動産投資は購入して終わりではありません。

セカオピでは、購入後もプロによる総合的なサポートを受けることができます。

貴方に寄り添って、不動産購入〜運用〜売却するまで伴走するイメージですね。

セカオピを利用する上でのデメリットと注意点。

セカオピのサービスの利用自体は無料で、直接的なデメリットはありません。

ただし、サービスを利用できる人の条件が限られています。

収入があること そして 東京にあるセカオピのオフィスに出向くことができること。

逆に言えば、条件さえ満たせば、不動産投資を検討しているすべての人に、セカオピのサービスを利用することをおすすめします。

これから不動産投資を考えているサラリーマン初心者の方や、すでにどの物件を購入するか検討している方は、ぜひ相談することをオススメします。

不動産投資顧問サービス「セカオピ」の評判・口コミ

まずは、実際にセカオピのサービスを利用された方の声を集めました。

30代女性

コンサルタントの方とお話しているうちに、不動産投資に関する知識が増えました。
全員が不動産投資の経験者であり、第三者的な視点でアドバイスしてくれる点が魅力的でした。
また、不動産投資だけではなく、投資全体のマクロ的な視点から、不動産投資のメリット・デメリットを教えてもらえたこともありがたかったです。
また、専任のアドバイザーが物件の適正価格を教えてくれたので、自分でゆっくりと判断することができました。
セカオピを通さずに不動産投資会社の話を聞いていたら、市場価格よりも高い値段で買っていたかもしれません。

 

30代男性

長い間、物件を探していました。
日本の年金制度の将来に不安を感じていたので、投資について深く調べてみました。
その投資の一つとして不動産投資の魅力を知り、実際にいくつかの不動産会社を訪問し、たくさんの話を聞きました。
不動産投資の営業マンは清潔感があり、とても礼儀正しい人が多かったのですが、そのままの営業トークを受け入れることには違和感がありました。
そんなとき、第三者のアドバイスを受けられるセカオピの存在を知り、不動産投資を始める前に相談してみることにしました。その結果、同じような条件でより好条件の物件を紹介してもらうことができました。
私自身は各不動産会社の情報しか知りませんでしたが、アドバイザーは多くの不動産投資会社の担当者や特徴、物件価格などを知っていたので、俯瞰して判断することができました。

セカオピのユーザーからは、「不動産投資の経験があるプロに相談できるのはありがたい」という声が多く聞かれました。

また、「不動産投資会社に勧められた物件が、本当に市場に見合った価格なのかどうかを客観的に判断できる」という声も多く聞かれました。

不動産投資会社の中には、物件を顧客にかなりの利益で売ることで収益を上げているところもあります。

不動産投資会社もビジネスですから、もちろん利益そのものを利用することに問題はありません。

しかし、不動産投資会社側の利益率が大きければ大きいほど、クライアントは折り紙付きになります。

現段階での不動産投資は、相場よりもはるかに高いマンションを買ってしまうと失敗するといっても過言ではありません。

特に初心者の方は、物件購入に飛びつく前に、セカオピのような第三者の視点を取り入れることをお勧めします。

「セカオピ」のメディア掲載

不動産投資について第三者に相談できるサービスは非常に珍しいため、セカオピは多くのメディアに取り上げられています。

具体的なメディア名は以下の通りです。

産経新聞
ヤフーニュース
産経ニュース
夕刊フジ
健美家
ICA
ライブドアニュース
ヴィラナビ
ザクザク
ウチコミ
週刊住宅
全国賃貸住宅新聞

これだけ多くのメディアに取り上げられているということは、セカオピのサービスが先進的で注目されている証拠です。

「セカオピ」の利用をおすすめ【3つの特徴】

次に、セカオピの利用をおすすめしたい人の特徴を紹介します。

セカオピをおすすめ1、不動産投資の経験がない初心者

セカオピが実施したアンケートによると、不動産投資家の46%が、市場価格よりも最大で600万円高い物件を購入した経験があるそうです。

不動産投資は、数千万円のお金を借りて、家賃収入で長期的に返済していく投資形態です。

市場価格より数百万円高い物件を買ってしまうと、長期的には返済負担が大きくなり、残る利益も小さくなってしまいます。

少額でも利益が出ればいいのですが、そうではなく、毎月補助金が来て、空室が発生すると大きな返済負担がかかる物件もあるでしょうし、結果的に不動産投資に失敗してしまいます。

不動産投資の初心者は、経験値も少ない為判断が難しい場合が多々あります。

そんな場合、直接的な利害関係のない第三者の専門家にアドバイスしてもらえるセカオピは、不動産投資初心者の救世主とも言えます。

セカオピをおすすめ2、購入する物件を選定している

すでに不動産投資会社を訪問し、ある物件を提案され、これから契約しようとしている人もセカオピを利用してみてください。

前述したように、物件の価格が相場に合っているかどうかを知らずに購入を決めてしまうと、失敗のリスクが大きく高まります。

同じような条件でもっと安く買える物件があるかもしれませんので、契約前に一度セカオピを利用することをおすすめします。

セカオピをおすすめ3、忙しくて時間が取れない

一般的に、不動産投資を始めるなら最低でも5社と比較検討をすべきだと言われています。

しかし、忙しい社会人の方は、各社と面談して比較検討する時間がない方も多いのではないでしょうか。

不動産の検討する時間がないからといって、慌てて不動産投資会社に行ってしまうと、不動産投資の失敗のリスクが高くなってしまいます。

忙しい中でなんとか比較する時間を確保しようとするのではなく、セカオピのプロから第三者の意見を聞くことで、不動産投資の成功確率を高めることができるのではないでしょうか。

まとめ

なぜ、不動産投資にとってセカンドオピニオンが特別なのでしょうか?

セカンドオピニオンには、医療などの高度な専門性が求められる分野において、専門的な知識を持たない一般の人が、複数の専門家の意見を聞くことで、より幅広い選択肢を得ることができるというメリットがあります。

不動産投資もお金に直結する専門性の高い分野であるため、セカンドオピニオンが重要であることは間違いありません。

ここでは、なぜ不動産投資ではセカンドオピニオンが難しいのか、なぜセカオピが特別なのかをお伝えします。

セカオピの不動産投資アドバイスを活用しないと、不動産を売却することになるかもしれません。

通常の不動産業者に相談するという選択をしたとしても、これではどうしても自社で提供している不動産案件の紹介をすることになってしまいます。

もちろん、売ること自体は悪いことではありませんし、不動産業者の仕事は物件を売買して手数料を得ることです。

自社案件のメリットもあり、他では巡り合えないお得な価格であったり、専売案件である場合が多いのが理由です。

そのため、自社の利益にならないアドバイスはしにくいでしょうし、比較的高価な物件であっても、自社の利益になるのであれば勧めることもあるでしょう。

一方、セカオピは、土地建物の営業許可を取得していないため、不動産業を営むことができず、不動産を売るためのサービスでは全くありません。

そのため、本当の意味でのセカンドオピニオンになり得るシステムと言えます。

不動産投資コンサルティング「セカアピ」は特別なサービスであると言えます。

-セミナー・東京開催, 不動産投資セミナー, 不動産投資会社, 投資会社(東京)

© 2021 不動産投資の始め方 Powered by AFFINGER5